{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

【古代コイン・NGC鑑定AU】サーサーン朝 ホスロー2世 紀元591-628年 ドラクマ銀貨 ササン朝ペルシア ペルシャ ビザンツ帝国 ゾロアスター教

残り1点

35,000円

送料についてはこちら

SASANIAN EMPIRE Khusru Ⅱ, AD 591-628 AR Drachm obv bust. ru fire altar. Silk Road Hoard NGC鑑定AUグレードの古代コインです。 発送年度:紀元591-628年(ホスロー2世在位) 発行地:サーサーン帝国 表面:ホスロー2世 裏面:祭壇の両脇に立つ拝火教徒、ゾロアスター教 額面:ドラクマ銀貨 直径:3.0センチメートル 〜以下、ウィキペディア サーサーン朝より〜 サーサーン朝では、直径3㎝の大型で薄い高純度の銀貨を用いた、1ドラクム銀貨を数多く発行した。図柄は共通しており、片面には王冠をかぶった王の横顔胸像と王名等を示すパフラヴィー語での銘文、片面には拝火檀並びに2名の守衛像と、発行地・発行年を示すパフラヴィー語銘文を記している。 三蔵法師玄奘はペルシャ訪問の機会は無かったが、ペルシャの伝聞情報を得ており、大唐西域記第11巻第20節には、波剌斯国(ペルシャ国)の記録として、「良い馬・駱駝が多く、貨幣は大銀銭を使用する」と記載した。中国の方孔円形銅貨と比べると、サーサーン朝の1ドラクム銀貨は美麗であり巨大である。 著名な貨幣学者マイケル・ミッチナーが編纂した「東洋貨幣とその価値 古代・古典期の世界」には1ドラクム銀貨を中心に、サーサーン朝の貨幣473点を収録しているが、近隣の諸国でもサーサーンに類似した貨幣を多く発行した。サーサーンで発行された銀貨は、ソグド人などの中央ユーラシア社会における高額決済用の基軸通貨としても尊重された。

セール中のアイテム